消しゴムと私

デッキの研磨剤

昆虫族デッキを運転しよう-3時限目- 消しゴムと私

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

昆虫族デッキを運転しよう-3時限目-

こんばんは。
今までさんざ持ち上げてきた昆虫族デッキですが、当然「弱み」というのは存在します。
今回はその「弱み」について語らせて頂きます。


■受け身である
ゲーム序盤、特に初動をほぼリクルーターに依存するこのデッキは非常に受け身であると言わざるを得ません。
リクルーターだと判明したモンスターを何の解決手段もなく殴ってくる相手は稀ですし、殴ってくるのは《BF-蒼炎のシュラ》や剣闘獣等の戦闘を介してアドバンテージを稼ぐモンスターである事が多いです。

六武、デブリに至ってはリクルーターとしての効果を発揮させて貰える事すら中々ありません。

ですので僕は「リクルーターを安易に裏守備で置かない事」
を心がけてプレイしています。
手札に出せるモンスターがリクルーターしかいないから取り敢えず出しちゃえ!なんてのはもっての他。
それに《抹殺の使徒》なんかが飛んできたら次のターンから早くも運に頼らなくてはならなくなります。ですのでリクルーターは自分から攻撃して効果を発動するもの、として考えチャンスが訪れるまで手札に温存する事が多いです。
直接攻撃の一発や二発貰ってやりましょう!このゲーム、過程が良かったから判定勝ちなんて事はないんですから最終的に殴り勝てばいいんです。(その一発二発が致死ダメージな上妨害しづらい六武にはとても苦手意識を持っているのですが…)


■頻繁に起きる事故
上記の弱みと若干リンクしますが、とにかく事故が頻繁に起こります。
当然といえば当然で、墓地に昆虫族が一枚もなければ僕のデッキを例に挙げればデッキ中七枚、約1/6のカードが紙くずになるわけです。
そして《ジャイアントワーム》が場に出せない=シンクロ召喚の機会が減る=勝ち筋が薄くなる
と事故が及ぼす被害は甚大です。
リクルーターを大事にする理由はそこにありますし、如何に事故率を下げるか構築と調整の腕の見せどころでもありす。


■ついでにメタられる
墓地利用と特殊召喚、下級の低攻撃力に永続魔法という見事に「他のデッキをメタるつもりが勝手に引っ掛かった」という状況が起こりやすいデッキでもあります。
飛んで火に入る夏の虫ってやつですね。クソが。

サイドボードからのメタりやすさは勿論の事、メインデッキから投入される事も珍しくない《ライオウ》やら《砂塵の大竜巻》ですら致命傷になりえます。
特に前者は「攻撃力で勝てない、《大樹海》が発動しない、《デビルドーザー》親子も止められる」という、正に天敵とも呼べる相手。頑張って除去しましょう。

しかし《大樹海》や《ジャイアントワーム》がマストカウンターになりえるというポジティブな考え方もできるので(《大樹海》を餌に本命の伏せを守る、《ジャイアントワーム》を犠牲に《ライオウ》を倒す) 出されたからといって諦めずに勝利への糸口を掴んで下さい。
ちなみに僕はすぐに諦めてしまうタイプです、六武の門二枚見た瞬間投了するくらいに根気がないです。
もっと勝ちに貪欲になりたいものですね。


とまあパッと思い付くだけで3つ程。
弱点も含めて愛を育んでいくのが昆虫族を使う上で一番大事なところかもしれませんね!因みに遊戯王をやっている諸兄にお薦めの方法は妄想での補完です。
ダイナマイトボディだけどちょっとおバカで勢い余って敵に塩を送っちゃうドーザーちゃんと、同じような性格に育ってしまったけど体つきはまだまだ未成熟のワームちゃん。
攻める時は強気だけどいざ受けに回るとヘタレな金髪美女なビーちゃんetc

話が逸れてきたので今回はこの辺で〆ておきます。
あ、ちなみに僕は妄想で補完せずとも昆虫族は大好きですよ。本当ですよ。

| 遊戯王(小話) | 00:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://vob2000.blog102.fc2.com/tb.php/6-b1b3b003

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。